合宿免許のメリットとデメリット

合宿免許とは、一定期間自動車学校や教習所、ホテルや旅館などの宿泊施設に滞在しながら運転免許を取得するために集中して教習を受けることです。


通常通り教習所に通うよりも安価で、短期間で免許を取得できるため、まとまった休みが取りやすい学生に人気があります。



合宿免許のメリットはたくさんありますが、中でも短期間で取得できるというのは合宿ならではです。
合宿免許の期間はおよそ2週間、長くても3週間ほどです。



短期間で練習を繰り返すため、運転の上達が比較的早いと言われています。

また地方で合宿を行う場合は都心より道路が広く、交通量も少ないため運転しやすくなっています。
友達同士で合宿に参加する場合は、まるで修学旅行のような、旅行気分も味わうことができます。

反対に合宿免許でのデメリットとしては、一番に道路事情が異なるということが挙げられます。地方で合宿を行う場合、道路は広く交通量も少ないため運転しやすいと感じられますが、合宿後に運転する場所が都市部である場合には運転ルールの違いに戸惑うかもしれません。

また道路も狭く交通量も多いため、運転しにくいと感じるでしょう。

まとまった休みが取れないと参加できないという部分もデメリットです。

2週間以上の休みとなると、社会人ではなかなか取得できません。

さらに、教習所によっては25歳以下の若者のみを対象とするような年齢制限を設けている場所もあります。

以上の特長を知った上で、自分に合った免許の取得方法を選びましょう。